マスクによる肌荒れの原因と、保湿の重要性

新型コロナウイルスの影響でマスクが欠かせない毎日になりましたが、
マスクが原因で、肌荒れや乾燥してしまうのは知っていますか?

なぜマスクの中は乾燥するのでしょうか。
①マスクの装着によって摩擦が生じる
②マスクの着脱により、温度と湿度の変化が生じ、バリア機能が低下してしまう

この季節、マスクでも肌荒れするって知ってましたか?!

実はマスクの中も乾燥してるんです!
もちろんこの時期、花粉症をお持ちの方は、毎年マスクの装着は必須ですよね。
ところで、なぜマスクの中は乾燥するのか。
それは、マスクで生じる摩擦と外した時に肌の水分が一気に蒸発してしまうからなんです。
お肌には、バリア機能というものがあって、角層でうるおいを含む角層細胞とその細胞同士を繋ぐ細胞間脂質で守られています。

マスクの中でする呼吸により、お肌が保湿されていると思いがちですが、マスクを外すことによって肌の水分が奪われてしまうんです。マスク着脱で、温度と湿度の変化が生じ、バリア機能が低下してしまって、乾燥や肌荒れに繋がります。
その為、肌荒れや乾燥が起きるため、
肌荒れや、乾燥を少しでも防ぐためには、洗顔後のケアがとても重要です。
しっかりと保湿し、お肌にうるおいを与えること
また、マスクでマスクで覆えない皮膚が薄い箇所(特に目元、首)
の保湿もとても大切です!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP